会計・経営相談顧問について

顧問業務について詳しくお伝えしていきます。

公認会計士業務について

公認会計士とは何なのかをご存知でしょうか?公認会計士は税理士よりも業務内容の幅が広く、開業登録をしたのちに監査・会計のスペシャリストとして、次の業務を行うことができます。

1.監査

2.会計

3.コンサルティング

監査

監査業務というのは,企業の成績表である財務諸表が適正に作成されているかをチェックする仕事です。企業は,自分の会社の状態を,財務諸表という成績表によって開示することで,自社は将来性がありますよ,倒産しないですよということを伝える必要がありますが、財務諸表に,嘘が入っていてはいけませんね?ですから、監査によって,外部の専門家である公認会計士が,この財務諸表が会社の真実の姿を現していますよということを保証する必要があります。

会計

会計基準の複雑化により、企業の会計処理は時代を追うごとに高度化してきました。四半期決算の導入、内部統制の義務化、IFRSの導入など、企業としても高度化する会計実務に対応しなければなりません。一方で、転職市場にはそのような高度な会計実務をマスターしている人材は少なく、企業側としては思うように即戦力の採用が出来ていないのです。公認会計士は独立した立場としての外部の専門家であると同時に、その経験や知識を企業内にて活用する場面が増えております。具体的には以下のような業務が挙げられます。

  • 経理業務(財務諸表の作成、M&Aなど)
  • 財務業務(財務方針・財務戦略の策定、経営分析結果の経営計画への反映など)
  • IR業務(経営情報の管理・分析・発信など)

コンサルティング

コンサルティング業務は、経営管理体制やその他経営全般事項に関する相談に応じる業務です。経営者が適正な財務諸表を作成するためには、社内の業務が適切に運営・管理されていることが必要になります。また、会社のプロジェクト管理や製品管理など、会社の効率性・収益性を上げるためにもまた社内の業務が適切に運営・管理されていることが必要になります。公認会計士は、社内の業務を適切に運営管理するためのルールや環境の整備に関する助言業務も行うことができます。

当事務所では、顧問契約をしてくださったお客様には上記の会計業務コンサルティング業務をサービス提供させていただいております。監査業務については別途ご相談ください)

顧問会計士として、お客様の不安や悩みをなくしてまいります。その際にもチャットツールを使用します。

まずはLINEにご連絡ください。

 

サービスの流れ

お問い合わせ
まずはお問い合わせフォームまたはLINEまたはChatworkにてご連絡ください。
ヒアリング
担当者よりご連絡させていただき、現状の確認やお客様の要望などをお伺いいたします。
ご提案・お見積り
ヒアリングした内容を元にお客様にベストなプランとお見積りをご提案させていただきます。
ご契約
秘密保持契約など、サービス提供に当たって必要な契約をいたします。会計・経営相談顧問の契約をしてくださったお客様に限り、契約時は基本的にご訪問し、改めてお客様の事業の状況など全般的にお話をお伺い致します。不要の場合はお申し付けください。
サービスのご提供
ご提案させていただいた内容にて業務を実施いたします。