当事務所では皆様のクラウド会計ソフトの導入を支援しております。

 

皆様が安心してクラウド会計をご利用できるよう、公認会計士が直接アドバイザーとなって各種設定や操作指導を行います。

 

主な流れは以下になります。

  

サービスの流れ

お問い合わせ
まずはお問い合わせフォームまたはLINEまたはChatworkにてご連絡ください。
ヒアリング
担当者よりご連絡させていただき、現状の確認やお客様の要望などをお伺いいたします。
ご提案・お見積り
ヒアリングした内容を元にお客様にベストなプランとお見積りをご提案させていただきます。
ご契約
秘密保持契約など、サービス提供に当たって必要な契約をいたします。会計・経営相談顧問の契約をしてくださったお客様に限り、契約時は基本的にご訪問し、改めてお客様の事業の状況など全般的にお話をお伺い致します。不要の場合はお申し付けください。
サービスのご提供
ご提案させていただいた内容にて業務を実施いたします。

freee導入時には、具体的に以下の流れで設定を行います。

 

①事業所の作成

・freeeの導入を進める場合は、アドバイザー側で顧問先の事業所を作成することを推奨しています。

・作成した事業所を顧問先と一緒に利用できるように、顧問先のメールアドレスを招待します。

・freeeの利用料金は、アドバイザー側で負担することも顧問先側に負担してもらうこともできるようになっています。freee上でのお支払登録はクレジットカード払いのみとなります。

 

②事業所情報の入力

・消費税課税方式、償却方法、製造業向けの機能の利用有無、電子帳簿保存法対応機能の利用有無などを設定します。

 

③期首残高の登録

・期首残高(前期末の残高)の登録を行います。

 

④他ソフトからのデータ移行

・勘定科目や補助科目等のマスタデータ、期首残高や期中の仕訳データ等を他ソフトから移行する場合に利用します。

 

⑤各種マスタの設定

・勘定科目、口座、取引先、品目、部門などの設定を行います。

 

⑥口座の同期

・インターネットバンキング(以下IB)やクレジットカードなどをご利用の場合は、自動同期の設定を行います。

 

⑦各種操作指導