チャットサービスについて

 

今までは当たり前だったメールや電話での連絡が徐々に減りチャットツールに移行している企業がどんどん増えています。

 

 

そこで当事務所ではビジネス用のチャットサービスを採用しております。

 

 

ビジネス用チャットツールを利用することで、これまでよりも円滑にコミュニケーションをとることができますし、また当事務所が目指している「友達」のような関係性も実現することができます。

 

 

チャットツールのメリットとしましては主に3つございます。

 

1. メールや電話よりも簡単で気軽に連絡を取ることができる

 

メール特有の「お世話になっております」や「お疲れ様です」のような文面を書く必要はなくなります。

 

 

これまではこれがあるのが当たり前でしたが、これをなくすことで会話のように、気軽でスムーズなコミュニケーションをとることが出来ます

 

 

また、このようなチャットツールは時間や場所をほとんど選びません

 

 

そのためリアルタイムでのコミュニケーションが可能となり、従来よりも圧倒的にスピーディーなコミュニケーション(業務連絡や情報共有など)を実現できます。

 

2. 大人数のメンバーと同時にコミュニケーションが可能

 

これはメールや電話では実現できないことです。

 

 

1度連絡を投稿することでメンバー全員に情報を伝えることができるので、伝達漏れや確認漏れを防ぐことができます

 

 

メールでは確認漏れや伝達漏れがありましたが、チャットツールを使うことでそのような事態はほぼなくなります。

 

また、グループ内にいるメンバーとは時間・場所を気にせずにコミュニケーションをとることができるため、同じ場所にいなかったとしても、メンバー全員での議論や共有がスムーズになり、仕事の効率が上がります。

 

3. 情報共有が簡単

 

これは先ほどもお伝えしたように、大人数のメンバーと同時にコミュニケーションが可能だからという理由もあります。

 

ですがさらにビジネス用のチャットツールでは、画像や動画もテキストを送るときと同じように簡単に送信することができます。もちろんファイルの添付も簡単に行うことができます。

 

また、気軽に送信・投稿できるため、議論が活発になり、仕事の効率も質も上げることができます。メールや談話しかなかった時代では、議論をするためにはお互いの都合を合わせなければいけませんでしたが、今の時代はそんな面倒くさいことをしなくても活発な議論を行うことができます

 

もちろん直接お会いして議論することもできますので、その場に合わせて使い分けることが可能です。

 

既読機能について

 

また、チャットツールを使う際に「既読機能」のせいで業務に支障が出るのではないかと感じる方がいるかもしれませんが、ご心配には及びません。

 

もちろん既読機能がないチャットツールもありますし、既読機能があるものを使用したとしても、私たちとコミュニケーションをとる際は気にしなくても大丈夫です。

 

お互いの都合があるということは重々承知しておりますので、「既読を付けたから今すぐ返さなければいけない」と焦る必要はございません。 こういった部分でも、ただのビジネスパートナーではなく「友達」のような関係を築けていけたらなと考えております。

 

まとめ

 

いかがでしょうか?

 

チャットツールを利用するメリットが分かっていただけたのではないでしょうか。

 

もしご不明な点などがございましたら気軽にご連絡ください。

 

まずはLINEまでご連絡ください。

 

サービス一覧