誰でも源泉徴収票が簡単にできる?クラウド会計ソフトとは!


 

今年の確定申告も終了しましたが、毎年1回なのでその記憶もすぐ忘れてしまいがちです。



また、初めて確定申告を行う人はなおさら、不安なこともあるでしょう。



そして、確定申告を行う際に必要となる書類の1つに、源泉徴収票があります。



毎年、面倒な書類の作成から解放されたいと思う人も多いと思います。



そこで、おすすめなのが、クラウド会計ソフトです。



クラウド会計ソフトとは、ネットを使い記帳を自動化するために開発されたソフトです。



この記事では、簡単に源泉徴収票ができる、クラウド会計ソフトについて、ご紹介します。

源泉徴収票とは?

源泉徴収とは、会社(雇用者)が社員(被雇用者)に代わって所得税を国に治める制度のことです。


社員の給与や役員報酬などにかかる所得税を、あらかじめ支払う支払額から差し引いて会社が個人に代わって国に納めるということです。


そして、給与や報酬額、及び差し引いた税額などが記載された書類が、源泉徴収票と呼ばれます。


確定申告は、毎年1月1日から12月31日までに得たすべての所得の金額を計算して、それに対する所得税を計算します。

クラウド会計はどんな人に向いてる?

クラウド会計は、以下のような方に向いています。


●会計

・オフィスや出張先、自宅でも会計処理を行いたい

・インストール型の会計ソフトはバージョンアップや法令改正のアップデートが煩雑

・リアルタイムで自社が黒字か赤字かがよくわかっていない

・明細作成が面倒

・従業員ごとの控除や社会保険の計算が大変

会計クラウドソフトの主なメリットとは?

・スマホから作業ができる

・銀行口座と連動できる

・常にバージョンアップできる

・パソコンが壊れてもデータが残る


・複数のデバイスから作業ができる


・どこでも作業が可能


・チャットでも相談できる


・無料で試すことができる


・費用が安い

クラウド会計ソフトの機能とは?

銀行やクレジットカードのWebサイトから入出金や残高などの取引データを連携し、自動仕訳する機能や、スキャナーなどを使って領収書やレシートを画像化し、そのデータから支払金額や支払先を読み取り、自動仕訳する機能が搭載されています。

クラウド会計ソフトがスタートアップに向いている理由

簡単にスタートできる

・インストール不要

・初めてでもえあかる操作性

取引の内容を一覧から選んで金額を入れるだけで簡単に仕訳を入力することができ、入力した内容は自動で複式簿記に変換され、関係する帳票へと転記されます。

簡単入力

・金融機関のWebサイトから取引明細を取得して仕訳を作成

銀行やクレジットカードのWebサイトから、取引日、金額、摘要、店舗名を取得し、「仕訳入力」または、「出納帳入力」で捕捉を行い、仕訳に連結することができます。

まとめ

いかがでしたか。

こまで、誰でも簡単にできる、クラウド会計ソフトについて、ご紹介しました。

 

毎年、確定申告の時期になると憂鬱という方も、クラウド会計ソフトを使うと、その悩みから解放されるかもしれません。

 

ソフトによっては、初期費用が無料に使えるものや、個人事業主なら、使い方によっては無料で使うことが可能なソフトもあるようです。

 

また、レシート画像を解析して、レシートの画像データから、「日付」「金額」「電話番号」を読み取り自動で仕訳データに変換できるソフトなどもあります。

 

無料お試しなどを使えば安心なので、是非、一度試して、確定申告などに活用してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

田中源太郎
田中源太郎freeeに強い公認会計士
平成元年生まれの公認会計士。2017年末に大手監査法人を退職し、現在は独立して会計事務所を営む。いつでもどこでもお客様に対応できるよう、クラウド会計とチャットをミックスしたサービスを提供。「便利なものはどんどん使う」がモットー。もっともっと便利で格安なサービスを推していきたい。仕事している以外の時間はもっぱらYouTubeできまぐれクック。